スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

またコメントの話

 今日の東京は、朝から雲一つ無い、抜けるような晴天でした。

 最近また困っちゃうコメントが増えてきました。まともな反論なら大いにけっこう。しかし、本質はスルーし、揚げ足取りの反論ばかりです。こういう人に限って読解力と想像力に欠けているような気がします。
 『チェルノブイリを一緒くたにするなんて』というコメントがありましたが、何処が一緒くたなのでしょう?現時点でチェルノブイリのように、放射線により数日で死亡、という人は出ていませんが、放射線を浴びているのは間違い無く、規模は1000分の1、もしくは10000分の1かも知れませんが、10数年後影響が出る可能性は大なのです。
 そのことにはなぜ触れないのでしょう?この投稿者は、そんなことはあり得ない!と言うのでしょうか?悪口を言った腹いせで、この人も民主党支持者なのでしょうか?

 余談ですが、“朝生”のおばちゃんは、『私の知り合いも甲状腺癌で・・・』としきりに言っていましたが、2~3年で癌になることは医学的に無いようです。

 私は山本太郎や“朝生”のおばちゃん、御用学者のように1ミリシーベルト云々という説は取りません。逆に少しくらいは浴びた方が体にはいい、という説に同意します。前記の人たちはラドン温泉をどう思っているのでしょうか?ラドン温泉は良い放射線で、発電所は悪い放射線、と言う答え意外に何か答えがあるのでしょうか?プルトニウム等、人工の放射性物質はラドン温泉には出ませんが。

 それから震災被災地区にも臨時公務員が・・というコメントがいくつかありますが、根本的なことを考えていませんね。その違いは放射線を浴びるか浴びないか、の違いです。

 保険や労災もあるよ、というのもありましたが、何度も書いてくどいですが、わかっていない人がいるようですので又書きます。影響が出るのは10数年後です。そうなって、『以前福島で・・』と言ったら保険や労災が下りるんですか?掛けてもいい、絶対下りません。
 水俣や阿賀野川、カネミでも裁判で『因果関係が・・』ということで却下されたり補償を勝ち取るまで何十年もかかっているんですよ。原因が工場から出た有機水銀やカドミウムとかわかっていてもこれです。ましてや10数年後の放射線の影響なんて立証出来ないんですよ。

 じゃあ、何ミリまで良いのか?と問われたら、わかりません。広島長崎の人体実験、アメリカ兵を原爆実験でワザと被爆させた実験、チュルノブイリである程度はわかっているようですが、どの国も詳しいことは教えてくれません。

 私が潜入しようと思った頃、日当六万五千円でしたが、『将来何が起こっても請求しない・・・』というような誓約書を書かされる、と言う情報がありました。まあ、そういうことです。今を何とか乗り越えれば将来はどうにでもなる、と言う考えだと思います。また我が国の最大の悪習“棄民”をやらかしてしまうのでしょうか?

 ちなみに東電は、除染費用は払わない!なんていうことを言ってますね。

 それに民間企業の片づけに国家公務員はムリなので、そのこともあり東電は国有化するべきです。私が言いたいのは、命を賭けて国を守る人を、国は将来も保障しろ、と言うことです。

 本ブログを読む人に、是非わかってもらいたいことがあります。津波片づけ作業と原発付近の作業は全く違うものだと言うことです。あくまで『作業の大変さは何処も同じだから待遇も同じで当然』と言いはり、分けて考えられない人はコメントしないで下さい。

 
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

これが多数意見なのでしょうか?

 今日の東京は晴天でした。でも夜はちょっと寒いです。あのクソ暑さがなつかしいこの頃です。

 昨日の記事について、

「公務員の臨時はたくさんありますよ。作業の中卒程度の採用の公務員職もいまだにありますから、職員は反対なんかしないとおもいますが。」

 というコメントがありましたが、そんな制度があることくらい私でも存じております。良くお読みになればわかる通り、福島原発作業員でこういう身分で働いている方がいるのか?ということです。
 私は寡聞にして知りません。もしご存じなら具体例を教えて下さい。そもそも、東電という一企業内の作業をする人を臨時とは言え公務員にするほど現在の役人の頭は柔軟になったのでしょうか?

 上記の意見の場合、地方のことで任命するのは地方の役人でしょう。もし福島原発作業員を臨時公務員にするには、福島県を飛び越えて国が行う筈です。
 ということは、ヘタすりゃ国会決議とか、大臣の認可とか霞が関役人の許可が必要になってくるでしょう。そうなると霞が関官僚は認めないだろう、ということです。
 霞ヶ関のエライ役人は、キャリア官僚以外の役人を認めない、という空気さえあるのです。ご指摘の、臨時職員を認定する県庁役人と霞が関官僚を同じ公務員と考えてはいけません。ですから“朝生”での意見の、“国家公務員”はたぶん不可能で、せいぜい臨時の地方公務員でも、と言いたかったのです。それくらいは最初から読んでいればわかるものと思っていました。とは言え、これからも一度書いたことを何度も細かく説明して書くことは無いと思います。

 それからこの人は、

 「本来の給料なら高い標準報酬になるので免除は??意味がわかりません。直雇用になるのは東電職員になることですから、手当てはつきますよ。」

 と書いていますが、直接雇用とは東電社員になることではありません。以前何回も書いたので省略しましたが、キャリアライズ派遣と同じ身分、ということです。わからなかったら読み返して下さい。

 確かにこうすると日当は数万円になるでしょう。だから他の手当は要らない、という人は傲慢以外の何者でもありません。私のようなおっさんならいいですが、もしかしたら10数年後、放射線の影響が出るかも知れないのですよ。不妊になる可能性も大なのです。
 事実チュルノブイリでは10数年過ぎてバタバタ癌で死者が出ているのです。今ではその数、数万人ですよ。その危険性を知りながら志願してくる人は金目当てだから何の補償もしなくてもいい、と言うのですか??10数年後、癌になっても、『因果関係が不明』で何もしないでいい、というのですか?まるで民主党議員のような言い方です。

 これとか、みょうに検査院の肩を持つ人とか、何かイヤになってきました。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

「“朝生”ド~する?原発」を見て

 土曜日の東京は、台風が通り過ぎ、朝方まで強い雨と風でした。昨日夜遅く、雨に降られ、ちょっと風邪気味かな、と寝てましたが・・

 昨日の『朝生』ネットで拾って見ました。福島原発の話でしたが、自民党と民主党議員の責任擦り合いが面白くて前編見てしまいましたが、出演していた馬淵という議員、“民主党の中では”ちょっと買っていたのですが、シドロモドロの場面も多く、やはり民主党からは抜けられない、フツーの民主党議員だったんだ、と感じました。

 原発作業員の話題が出ました。最近人手不足、なり手がいない、という話題が何度も上がりましたが、原因に関しては、5次・6次下請けまである、とさらっと言っただけで、なぜなり手がいないのか?という議論は一切無し。

 そりゃあ日当数千円(最近ではここまで下がっているそうです)じゃなり手が無いのは当然で、ここで何度も言ってますが、それを打破するのは簡単で、国なり東電が直接雇用すれば済むこと。
 そうするだけで日当は最低倍、ヘタすりゃ十倍に近い金額になることは確実です。こんな簡単なことを、『人手不足なんですよ』と言うだけで誰も言わない。掠りもしない。どういうことでしょう?口止めされているか、出演者全員これに関して全く興味ないか、重要なこととは思ってないかのどれかでしょう。

 確かに実現するとなると、ヤクザに脅されるとか、裏金もらっている役人、国政の政治家、地元の政治家の抵抗があるのでしょうが、そんなもの、首相、大臣が頑としてやれば出来ることです。

 放射線下で作業をしている人を国家公務員に、という意見がありましたが、これには賛成です。命を賭けてやっているのに用が済めばポイ、なんて、有明ならともかく、酷すぎです。

 ただし、役人は大反対するでしょう。一流大学出て国家公務員になったエリートらが、『中卒の土方をオレとおなじ身分にできるかよ!』と思うに違いありません。準ずる、とか臨時でもいいと思います。最低でも、働いた月数の5倍分くらい年金免除とか考えるべきです。

 「将来性の無い仕事に就く人はいない」としきりに何度も言っていた田原のおっさんはなんでしょう。最近老害になりつつあるように感じました。

 それから福島のおばちゃん。以前書いた、『除染と廃炉で50年は食える!』と言っている一派の雇った学者に洗脳されているのでしょうか、1ミリシーベルト以下じゃないとダメ!と言い張っていたのが印象的でした。

 マスコミの正体を曝したのが、社員報道局の男の言った、「そんな話題やりたくてもニュースでは50秒しか無いんですよ」という発言。言い訳に、誰も見ない時間帯のニュースで取り上げました、とか言ってましたが、10月11日に書いた有明の、『個人情報を“間違って”捨てた事件』と同じ構図ですね。
 夕方のニュースでは食い物コーナーは何十分もあるのに(番組関係者に店からたっぷり、お礼が出るという噂、大あり)大事なニュースは50秒しかない、という言い訳が見事に表しています。

 最後に、前回書いた、『検査院によると、・・』という記事ですが、指摘の通りです、訂正します。ただし、検査院は何年もかけてこの程度しか調査していない、というのは事実です。まともにやっていれば、震災後、1年もあれば不正を見つけ出して検査に入れたはずです。
 印刷業者の感想程度しか国家公務員であるところの検査院職員は“検査”をしていない、ということで記載ミスをしてしまいました。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

新聞の記事がちょっとだけ進歩しました

 朝夕は肌寒いですがいい天気の東京です。何年かぶりに風邪をひいて寝ていました。

 こんな記事が出ています。

                  <安倍首相>東電破綻処理に否定的

 最近安倍さんはヘンです。この問題といい、消費税といい、靖國のことといい、だんだん元の自民党に戻っているように感じます。
 たぶん調査、勉強足らずで官僚の口車に乗せられているか、脅されているかのどちらかでしょうが、支持率を背景に、東電問題にしろ外交にしろ、ガツンと官僚に命令出来ないのでしょうか?このままだと支持率が下がり、“やっぱり”な自民党総理と成り果てるでしょう。

 上記の記事の下に注目すべき記事が出ています。

                会計検査院:東電賠償支払い、1年以上120件
 というのと、          
               会計検査院:賠償業務の5社 東電出身の役員ばかり

 です。この記事は正に有明の話ですが、下の記事には、キャリアとかアデコとかは孫請けなので無いのもわかりますが、トッパンの“ト”の字も出ていません。
 身代わりにキャリアライズの名が出ていますが、これは東電HPにも子会社と書いてあるので東電出身者がいても不思議ではありません。
 これを隠れ蓑に、この数倍(数十倍?)の経費を使うトッパンの名が出ないのは、何度も書きましたが、作為的な、何らかの闇の力が加わっているとしか思えません。

 記事中、
『検査院によると、・・・中略・・・「作業内容も難しくないのになぜ随意契約なのか」と首をかしげる。』
 とあります。この役人、バカか!そんなの簡単、金ですよ、カネ!、それを検査するのがオマエの仕事だろ!たったこれだけのことを発表するのに何年かかってるんだ!
 この役人ども、ほとんど有明の、時給1100円の派遣と同じくらいの仕事しかしていないようです。自分達の会計も検査した方がいいようです。

 しかし、これくらいでも新聞に出ただけで進歩と言えるでしょう。上と下の記事を足して関連づけ、今までどれだけのムダな金をタレ流したかの記事を書けばまあ合格点を点けてもいいでしょう。
 
 書けなければ私が書いてあげますよ!

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

“有明のプチ反乱”総括

 嵐の前の静けさ?明日から首都圏に近づいてくる巨大台風を前に、穏やかな1日でした。

 結局前回まで数回に渡って書いた、“有明の反乱”記事は、

 『“東電に委託された業者の1人”が、“捨て方を知らずに”個人情報を道路のゴミ箱にたまたま捨てたが、たまたま通りかかった東電社員がそれを見つけた、と言う、なんでもないフツーの事件です。』

 ということにされて、ほんの一部のマスコミが、アリバイ工作として、東電発表の短い記事を載せたり、誰も見ない時間帯に短いニュースにして流しただけで終わりました。恐ろしいことですね。とりあえずあちら側のシナリオ通りの大勝利です。

 当事者の怒りの声はどこからも聞こえてきませんでした。もしかしたら当事者はこういうことが起こったなんて知らないのかも知れません。いや、たぶん知らないのでしょう。

 それから、コメントもいくつか来て、これも洗脳されているな、と思ったのが、シュレッダー=危険、溶解処理=安全、と思っている人が意外と多かった事です。
 これって、妖怪、じゃなくて溶解=専門の業者に任せる=もうそこで自分の責任は切れる、という安心感からそう思っているものと推測します。言い方を変えれば、シュレッダー=自分でやる(もしかしたら後で責任を問われるかも知れない)、溶解=書類を専用の箱に入れた時点で以降は全て他人の責任、なのでしょう。

 処理した書類が個人情報なら表に出た時の当事者の気持ち、会社の存続に関わる極秘書類なら会社自体のこと、なんて全く考えず、そこから先は私の責任じゃないもーん、言われた通りやっただけだもーん、という個人的な安心感なんでしょう。

 面白いメールが来ていました。そのまま転記します。

 溶解について話題が出ていたので余談です。

あそこで配給されるノートの退職者した方の分、その後についてのことです。
品質管理というCL社員の部署(法律漫談のシナリオもこの人たちが作ってる)があり、そこで、一冊づつチェックしています。
問題なければそのまま廃棄ですが、”差障り”のあると思われる書き込みのノートは渋い顔をし、問題のノートを広げながら別の数名と協議しているのを目撃しました。

もし辞める方は、もう二度とCLで働く気がなかったら、パワハラの事実やら違法行為をつらつら書いてさしあげると面白いかもしいれません。


 というのがありました。ご参考まで。

 
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

ニュース速報

 さて、注目の夕方ニュースの速報です。
 その前に、前記事中、もう訂正済ですが、溶解を妖怪、と変換していました。

 何と6時台の民放ニュースは、しょっちゅうチャンネルを変えながら見ていたので見落としもあるかも知れませんが、無し。7時のNHKニュースも報道はありませんでした。夜中にちょっとだけ報道したTBSもNHKも一言も無し、でした。
 ヤクザのネコ、反町・松嶋のワンコのニュースはありましたが、それよりも社会的影響は少ない、と各社判断したようです。揃いも揃ってどういう頭しているのでしょうか?

 新聞は、Web上でしか見ていませんが、ちょっとだけありました。どこも自社取材はしていないようで、東電の発表をそのまま書いただけのようです。
 朝日新聞では犯人を、

    書類を捨てたのは東電が事務作業を委託していた団体のスタッフ。

とだけ書いてあります。読売新聞に至っては、

   東電の委託を受けた補償コンサルタント業者。同区にある東電の福島原子力補償相談室で、被災者からの損害賠償請求に備えて登記簿情報をデータ化する作業をしていた。

 とまるで個人経営のコンサルタント会社のような書き方です。いかに新聞社がこの問題に興味が無く、取材もせず、東電の発表をそのまま載せたのがわかります。しかし、“問題児”東電の“大本営発表”をそのまま載せるというのはいかがなものでしょうか?

 もしくは、テレビで報道が無いのを考えると、何らかの圧力が加わった、と考える方が妥当なのかも知れません。今日はテレビクルー各社が有明に集結、と思っていましたが、見事に大ハズレだったようです。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

前回記事、補足と新ニュース

 抜けるような青空、夏に戻った東京の午後です。

 久しぶりに昼間書き込んでいます。楽しみにしていた追加ニュース、紹介したTBS以外、今のところ(午後3時)NHKしか報道していないようです。
 それから、昨日の記事についていたコメントに関して補足します。書類の溶解処理について、コメントも複数付いたことだし、説明します。

 NHKのニュースでも言ってましたが、『書類は溶かして処分するように指導していた』とあり、いかにも担当が、社内でバケツに書類を入れて溶かして下水に流しているようなイメージですが、実際は業者が回収して工場で、“溶剤”を使って溶かし、紙に再利用したり処分したりします。
 実は私、某大企業でこの業者を観察して話を聞いたことがあります。回収した書類は段ボール箱ごと機械に突っ込み、処理するそうです。

 問題は会社から機械に行く間。回収する人は1人か、せいぜい2人で、段ボールを取りに行く間、路駐したトラックは無人です。中身を抜き取ってもすり替えてもわかりません。
 段ボールの数はちゃんと記録していますが、数さえ合えば中身がどうなっていようと確かめる術はありません。しかも集められた段ボールは倉庫で暫く保管される場合もあるのです。超機密書類で価値が膨大なら、安月給のドライバーを金で買収することも、トラックごと盗むことも出来るでしょう。

 会社は、専門業者に任せているから安心、と思っているでしょうが、そういう危険をわかっている会社の超極秘書類は、やはり担当がシュレッダーかけています。以前は短冊状に切れるだけで、復元も不可能では無かったのですが、最近ではより細かく縦横に切れるものとか、それこそ粉のようになるシュレッダーもあります。それに、社内に据え付け、トイレットペーパーにする機械も販売されています。

 言いたかったのは、溶解処理に出す書類は、バレない方がいいけど、バレても会社には大したダメージの無い書類、なのです。その程度の書類が原発被災者の個人データか?と言うことです。

 ニュースで気になったこと。TBSもNHKも、『東電に作業を委託された60代の・・・』と言っていますが、前回も書いたように個人には委託しません。『東電に作業を委託された○○会社の60代の・・・』と言うべきでしょう。NHKでは“有明”までは言いましたが、会社名は出ませんでした。

 他社の報道が無いことも含め、ここに意図的なものを感じます。それにNHKもですが、あくまで“知らずに”捨てて、たまたま通りかかった東電社員が見つけた、と言っていますが、そんな安物のドラマのようなことがある訳はありません。
 夕方以降のニュースに注目したいと思います。


 
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

有明で内部反乱?

 最近、夏を少しだけ思い出させる暖かい晴天の日が続く東京です。

 日が変わり、金曜になってスゴイニュースが入ってきました。コメントしてくれた読者もいましたが、動画付きのニュースです。

               東電、約230人分の個人情報をごみ箱に

 これは間違ってもついうっかり捨てたものじゃありませんね。わざわざ外に出て捨てる訳はありません。これは何らかの意図的なもの。たぶん何かトラブって会社への腹いせだったんだと思います。
 東電社員が発見した、と言ってますが、たぶんこの捨てた男を捜していたのでしょう。それに、ニュースでは言ってませんがおそらく有明の話でしょう。

 “損害賠償関連の作業を委託された60代の男性”と言ってますが、東電が個人に委託する訳は無く、また、個人情報が書かれた書類を派遣が持ち出せるとは考えにくいので、トッパン社員でしょうか?どんないきさつがあったのでしょうか?

 こんな事で憂さを晴らして警察沙汰になるくらいなら、書類を持ち出せる身分ならヤバいこともいっぱい知る立場にある筈です、私に内部情報を流してくれれば、それこそ“10倍返し”になったのに、と思います。
 今からでも遅くはありません。大した罪にはならないと思いますので、是非情報をお寄せ下さい。

 深夜のニュースは間に合わせで原発の映像が流れていましたが、今日のニュースでは有明の風景が写るのでしょうか?また、この男の会社名が出るのでしょうか?興味津々で待ちましょう。

 それにしても、『社内ルールでは水で溶かして廃棄すべき』と言っていましたが、トイレットペーパーじゃ無いんです、事務用紙は、特にコピー紙などは、たとえ煮ても水には溶けません。江戸時代の密書か!と突っ込みを入れたくなるほどのアホさ満点の社内ルールは、本ブロクで書いてきた数々の“お笑い”社内ルールそのままですね。
 シュレッダーの無い頃に決められた社内ルールなのでしょうか?(笑)

 有明勤務の読者の皆さん、今日は窓から下を覗いていて下さい。テレビ局が撮影に来ているかも知れません。もしニュースのゴミ箱が特定出来たり、取材部隊の写真でも撮れたら是非送って下さい。
 
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

前回の“朝生”はブラック企業でした

 水曜の東京は、初夏を思わせる天気でした。外は半袖、家の部屋は扇風機が回っていました。

 先週、“朝まで生テレビ”見ましたか?ブラック企業をメインと派遣の話でした。笑ってしまったのは、テレビですからスポンサー(この番組では無く、テレビ局全体の)と自民党(もちろん当ブログ常連のブラックワタミ)に配慮して、「具体的な社名発言禁止!」としきりに何度も局アナとか司会の田原が言っていたことです。

 何でも歯に衣着せぬ発言をしている、と思っている田原のおっさんも所詮はテレビ屋です。スポンサーが怒るようなことは出来ません。(私も公の場面では言えないこともありますよ、いろいろヤバイですからね)しかも“生”放送ですから。

 そして討論。いつもテレビに出ている会社経営者とか、弁護士とか、口から出任せをしたり顔でしゃべっているひょーろん家という人、政治家が出ていましたが、ほとんどがこういう底辺の仕事をしたことが無いのでしょう、いくら経験者が例を話しても、「せっかく金かけて雇ったのを辞めさせる訳が無い」「そんなにヒドイ会社なら辞めればいいだけ。仕事ならいくらでもあるだろう」「なんで辞められないの」
 と言うような、根本的に解っていない発言ばかり。一番酷かったのは堀紘一というおっさん。エリートコースを歩いてきて、コンサルティング会社をやっているだけあって、全て数字でしか判断出来ないのでしょう。

 なんか最後までかみ合わない、例えて言うなら海を見たこと無い人達が、海で泳いだ少数の人を囲んで、海での泳ぎ方、海に潜る方法を議論しているようなものでした。

 結局最後までブラックの定義は誰も言い出さず。要するに、宗教のように使い捨ての社員を洗脳してタダ働きさせて、経営者だけ豪邸に住み、儲けを独り占めにすろ会社でしょ?
 これを何時間もかけて議論して答えが出ない、国会でも民間もこの調子ですから良い方向には向かいませんね。何処でも声の大きい、悪い奴の発言が通るのです。
 そのうち、“ブラック企業”という言葉自体を、企業差別だ、とか言い出して放送禁止用語にしてしまうかも知れません。
 
 この“朝生”見たい人は検索してみて下さい。いろんな所にアップされています。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

有明の風景、10月

 台風のせいか晴れたり曇ったり、それでもちょっと暑いくらいの月曜日でした。

 週明けの有明、キャリアの様子報告が来ました。審査チームは相変わらず実働1時間だそうで、照会チームは、審査チームの作業が終わる11時ころまでは、出来ない人のためのお勉強会が行われているそうで、それから本作業に入るそうです。ここは職業訓練所か?!

 そんなトロい人に仕事を合わせ、そのうえ班長も社員も頭が回らず、対応できないため休み無しで、時として残業とか。遅い上にムダ経費をバラ撒くなんて、去年より太っ腹になっています。去年は残業なんて一度もありませんでした。

 それでも理解出来ない人もいるらしく、何人かは移動になったとか。一体何処へ移動になったのでしょう?掃除係とか?

 さらに面白い情報を二つ。まず情報漏洩事故。昨年の業務開始以降、キャリアが関わった案件で20件もあるそうです。そのほとんどは記入ミスによる誤送付。まあ、最大の情報漏洩事件は私でしょうけど(笑)。

 最高に笑えたのはキャリアリンクとキャリアライズの待遇?の差です。

  ●業務中お菓子
 キャリアX  ライズ○
 ※しかし、業務中にお菓子食ってもいいのでしょうか?信じられません!

  ●文房具 
 キャリア・貸与  ライズ・自由

  ●机の上に書類以外のものを置いてもいいか
 キャリアX  ライズ○

 やはり直参は優遇されているようです(笑)。まあ、キャリアは口も効いてくれない奴隷ですから仕方ありません。しかし、この待遇で同じ机で仕事をして、何か軋轢が生じないのでしょうか?人ごとながら心配になりました。

 有明に1日でも居たことの無い人には信じられないでしょうけど、本当のことです。しかも私が居た去年よりエスカレートしています。前記しましたが、私でも信じられないことも行われています。ですからギャグのような業務を信じろ!と言っても???でしょうが、大事なことなのでもう一度書きます、本当です!

 東電賠償業務に従事している方、有明には限定しません、どなたでも、内部情報お寄せ下さい。
 イヤなキャリア社員を、本社に電話して訴えた、というメールがありましたが、是非詳細を送って下さい。


※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

東電とトッパンの関係

 日曜日の東京は、台風のせいで一日中どんよりとした天気でした。

 それにしても東電との直接雇用主、トッパン・フォームズという会社の正体がわかりません。会社のHPには、

 ビジネスフォームやデータ・プリント・サービスなどの分野で培ってきた技術やノウハウをベースに、お客様の情報伝達を最適化する情報ソリューションカンパニー。印刷物と電子ドキュメントの融合や、RFID・ICなどの情報メディア、プリンテッド・エレクトロニクス技術を応用した製品開発など、「情報」を核としたさまざまな事業を展開しています。

 とあります。この文章で業務内容がわかる人はいるのでしょうか?私にはよく解りません。なんとなーく想像は付くのですが、そんな漠然とした仕事で売上高が2116億円もある、という事実にはさっぱり結びつきません。
 ともあれ大会社であることは確かで、政財界に顔が利くのは解りますが、それがどういう経路で東電賠償業務を一手に手に入れたのでしょうか?
 いろんな書類を作成してきた会社だから、という事を言う人もいますが、書類を作れるから賠償請求のノウハウがある、とはとても言えません。実際、私の経験上、マニュアルも手続も、使うエクセルソフトも不備だらけで、どう考えても“ど素人”の仕事でしたし、1年以上過ぎた今でも全く進歩がありません。

 しかも入札で手に入れた仕事でも無いようです。ということは、“コネ”もしくは裏取引でしょうね。
 以前書いた、“賠償支援機構”という組織とこの会社の関係は今もって複雑な方程式のようです。個人では、内部告発でも無い限り追求出来ないでしょう。国会で質問してもらうしか無いかも知れません。アプローチもしているのですが、多くの国会議員は、票か金にならないと動かないんですよ。そろそろ国会も始まります.どうなることやら。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

ホワイトカラーエクゼンプションと労働特区

 土曜の東京は、雨がしとしとの一日でした。

 有明勤務の人がいくつかコメントを残しています。トッパンの社員が大勢来ていたとのこと。私も気になります。去年、明らかにトッパン社員、というのは見かけた記憶がありませんでした。何か裏で動きがあったのでしょうか?

 派遣の話ではコメントもメールも来ますが、福島の話や補償の話にはあんまりコメントが来ません。やはり読者は派遣に関わっている方が多いようですね。

 さて、以前書いた、ホワイトカラーエクゼンプションはどうやら無くなりそうですが、労働特区はまだ消えていません。前者は年収800万円以上で、決まったところで時給で働く派遣には関係ありませんが、後者は、別名“解雇特区”ですから関係大ありです。

 今でさえ派遣切りが横行しているのに、この特区になると大っぴらに、『はい明日から来なくていいよ!』となるのです。ブラック企業はもちろん、多くの会社がこの権利を得たら、安心して働けませんね。
 消費税も決まったし、ブラックワタミがいる政党ですから、決まる可能性は大ありです。

 労働者の皆さんは、今から反対しておかないと、後で泣きを見ることになりますよ!
 それには意思を伝えることです。自民党にメールや電話をするのもいいし、近くの自民党議員事務所に行ってもいいし、これ決めたら二度と票は入れない、くらいは言っとくべきです。
 まあ、有明にいる人でこのことに興味のある人は一割くらいでしょう。行動を起こすのは、そのうちの半分以下、私の経験では一割くらいかな、と思います。5000人いても100人が何らかのアクションを起こす人は50人ていど、というところだと思います。皆さんはどう思いますか?私も最近、ちょっとパワーが減少しています。

※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

“賠償支援機構”という闇の組織

 嵐の前の静けさ?火曜日の東京はどんよりとした空でした。水曜あたり台風が接近するとか。前回のように外れてくれたらいいのですが。

 遂に消費税アップが決まってしまいました。安倍さんも官僚には勝てなかったようです。この売国奴官僚の名はネットに出ています。興味あったら探してみて下さい。
 今回の話題は、このブログで追求している、本丸と思われる闇の組織の記事です。

              東電の破綻処理阻む「原子力損害賠償支援機構」のバカ高給与

 民主党時代に枝野が作った組織だそうで、オトモダチと自己保全、民主党存続の為にオトモダチになりたい人の為に作った組織です。そもそもこの枝野という男、事故による放射能は原発30キロ圏以外全く心配ない、と言いきっておきながら、東京に住む妻子を即海外に逃がした、という男です。

 “賠償支援機構”という組織に関してはリンク先を読んでいただくとして、例えて言えばここがヤクザの本部、トッパンが企業舎弟、キャリア、アデコ等各派遣会社がそのパシリ、というところでしょうか。
 本部だけあって入ってくる金が有明とはケタ違いです。天下りの幹部の給料もケタ違いです。これらの金が全て庶民から搾り取った金なのです。国民みんなでもっと怒るべきですが、この夕刊紙以外、活字にもテレビにも出て来ませんでした。
 私の記事同様、余り目立つとイヤな、権力のある人が裏にいるのでしょう。

 安倍さん!消費税でたぶん名宰相の名前に傷が付くでしょうが、ここでこの組織を解散させ、東電を国有化すれば、消費税のマイナスを補って余りある結果になると思います。どうせ民主党のやったことですから解体するのも簡単だと思います。もしかしたら枝野の不正も明らかになるかも知れません。

 
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。