スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

有明の風景7月、続き

 涼しい一日でした。我が家では扇風機さえほとんど動かしませんでした。

 午後起きて、原稿チェックと細部書き直し、継ぎ足しで時間かかりました。さあどうなることやら。

 有明調査員からの報告によると、請求書原本のチェックがまた厳しくなっているとか。当初、コーヒーの染み一滴でボツ、東電様に審査してもらいたかったら完璧な書類にしてこんかい!とばかり送り返していたそうですが、このブログでさんざん書いたからか、『ホッチキスの穴、コーヒーの染み一滴はOKになりました』との報告が来ました(6月6日記)。
 それで少しは役に立ったか、と自画自賛していたのですが、再び担当が代わったのか、方針が変わったのか、上からの指令なのか、気まぐれなのかは不明ですが、1ミリほどの破れや、紙の端についたちょっとした印鑑の朱肉までも不備になるという事態になっているそうです。バカですね、コイツら。

 仕事がヒマでしょうが無い状況は弊害が付き物です。案の定、自分勝手な論理を持ち、身勝手な解釈で固まった派遣のオバチャン達は、どこは時給いくらだ、とかひがみだし、その次はあのSVが気に入らない、あの社員はナマイキだの言い出し、あげくチクリ大会。
 それだけならまだしも、気に入らない上司を困らせてやろうと書類汚したり、捨てたり、という事もたまにあるそうなのです。オバチャン、恐ろしい生き物です。

 こう言うオバチャンはヒマだといろいろ妄想を膨らませて手に負えなくなります。派遣気社に提案です。オバチャンにはウソでもいいから仕事をさせたらどうでしょう。パソコンは壊されるかも知れないので、手書きで1日中何か書かせるとか、いっそのことクビにするとか、現在でも小学校の学級崩壊寸前の所もあるようなので、ほっとくと内部崩壊しますよ。


関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。