スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

復興資金あれこれ、損害賠償裁判

 昼間はいい天気でしたが夜になって少しだけ雨が降りました。大雨の筈でしたが・・・でも、おかげで涼しい夜です。

 前回の記事、問い合わせがあったのでまた探してきました。日刊ゲンダイからの転記です。

--------------------------------------------------
 東北勢の活躍が目立つ今夏の甲子園。花巻東(岩手)、日大山形が揃ってベスト4に進出した。他校も健闘していて、弘前学院聖愛(青森)、仙台育英(宮城)、聖光学院(福島)も初戦を突破。夏に弱い東北勢が強いのだ。

 中には県外出身の“外人部隊”が11人も占める聖光学院のような高校もあるが、花巻東の県外出身者は3人、日大山形も2人しかおらず、ほぼ地元の子だけで勝ち進んできたのだからスゴイ。原動力は何か。

「ズバリ、復興マネーの力もあると思いますよ。震災後、国や県から教育振興交付金が大量に投下され、遠征のための宿泊費、交通費にも助成金が付いたりする。また、被災地の中学生が私立高に進学すれば、入学金と授業料は免除です。普通なら公立校に進学していた生徒も、これによって私立校に集まってきている。例年、1000人程度だった花巻東の受験者は、受験料免除などで昨年1402人と急激に増加しました」(教育関係者)

 復興予算といえば、昨年度は繰り越し分も含めた約10兆円のうち、約3兆4000億円を余らせたシロモノ。今年度の復興特別会計も4兆3840億円と潤沢だ。

「文科省予算で『私立学校施設災害復旧事業』という補助金もあり、現在まで88の私立校が利用しました。仙台育英にも16億4500万円が交付され、今年3月に立派なグラウンドができた。それも総人工芝で、プロ野球の楽天球団並みの設備です」(スポーツ記者)

 大新聞やNHKは、「被災地の絆」という物語に仕立てているが、こんな背景もあるのだ。

---------------------------------------------------

 前回、有明の数日分、と書きましたが、訂正します。もっと多いですね。それでも1カ月分よりは少ないでしょう。まともな仕事をしなかった分の経費くらいでしょうか?

 朝日デジタルから2つの記事を転記しておきます。

---------------------------------------------------
避難者らが国と東電を提訴 第2陣、原発事故で賠償求め

 東京電力福島第一原発の事故をめぐり、福島県いわき市から東京都内へ自主避難した人など14世帯の40人が26日、国と東電に計約5億1400万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。今年3月の提訴に続き、今回は第2陣。今後も追加提訴を予定している。

 原告側は、慰謝料や避難にかかった費用、新たな生活のための家具購入費など1世帯あたり1320万円~9250万円の支払いを求めている。

 東京地裁には、いわき市から都内に避難している3世帯8人が3月、計約1億2千万円の支払いを求めて提訴。国と東電はいずれも争う姿勢を示している。

--------------------------------------------------
東電、請求棄却求める 原発事故後に自殺、賠償訴訟紙面で読む

 東京電力福島第一原発の事故から3カ月後に自殺した福島県相馬市の酪農家の男性の妻と息子2人が、東電に慰謝料など約1億2600万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁であった。東電は「自殺の原因は男性側にあり、賠償責任はない」と請求棄却を求めた。

 2011年6月に自殺したのは、乳牛約40頭を飼育していた菅野(かんの)重清さん(当時54)。堆肥(たいひ)小屋の壁にチョークで「原発さえなければ」などと書いており、妻バネッサさん(35)らは「原発事故が自殺に追い込んだ」と訴えている。

 東電側は答弁書で、(1)菅野さんは原発事故後、周囲に連絡せずに妻の避難先のフィリピンに渡航した(2)菅野さんが飼育していた牛を世話する人がいなくなり、菅野さんとも連絡がとれないことから、近くの酪農家が牛を別の牧場に譲渡した(3)このため帰国した菅野さんが酪農経営を続けられなくなったのが自殺の原因だ――などと主張した。

 閉廷後に記者会見したバネッサさんは「夫が亡くなり、生活が苦しい。早く判決が聞きたい」と話した。バネッサさん側は今後、菅野さんが原発事故の影響で酪農経営が苦しくなり、悩んでいた様子などを裁判で明らかにしていくという。

--------------------------------------------------

 “補償業務”では無駄な金を湯水のように使いまくっているのに、その“補償”は難癖付けて値切りまくる、という方針でやっているようです。
 今、復興資金が使われていない、と言うニュースがテレビで流れています。被災者をネタに復興資金のつかみ取り大会がまた始まるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

復興予算がつく東北に対しての僻みも入っている記事ですね~
地震で学校で生活したりしていることを考えると、優遇に使うくらい…
全然関係ない地域に使われている方を取り上げて欲しい
それが本当のつかみ取り

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。