スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

不動産鑑定業務と経費の考察

 東京は雲一つ無い見事な晴天でした。さて、前回分をアップした後、私の1記事より長そうな反論が来ました。『あきれました』というタイトルですが、どう見ても内部事情を知ってる社員のようで原発に対する本音も見えて面白いのでそのうち取り上げます。興味ある方は、けして読みやすくなく、私は最後まで読めず、みなさんも疲れて“あきれました”と思わず言ってしまいそうですが覗いてみて下さい。一部は以下、答えになる話も出てきます。

 二年間も手つかずでほっぽいていた不動産補償の為の業務がようやく始まったようです。審査が1次から4次まであるそうで、何次がどれ、とは確定できませんが、データベースと申請書の照合、例によって誤字脱字チェック、これには恒例の県・郡抜けを弾く作業が入ります。そして誰がどう決めたか”津波エリア”との照合。余談ですが、この”津波エリア”は私の時もありまして、放射能退避エリアとダブっていたりどっちか片方だったりで処理が違いました。当然津波だけ、だったら補償は無しです。何丁目何番はエリア、とマニュアルにあって、やり始めると何丁目何番○号が出てきてさーどーするんだ!とまた会議で中断、じゃ×号は?でまたあたふた。結局疑わしきは全て不備にしてしまいました。たぶんこれを決めた人は地形とかは考慮に入れず、東京のキレイなオフィスでグーグルアースとか普通の紙地図とかを見ながら線を引っ張っただけなんでしょう。これは、避難範囲を風向きとか一切考慮に入れず、ただコンパスでぐるっと円を描いただけで20キロ圏30キロ圏と決めた事を考えれば誰にでも納得できることでしょう。
 余談終わります。この作業、私の頃と違って被災者から送られてきた“生書類”があるそうで、以前も書きましたがコーヒーのシミ1滴はもちろん、印鑑かすれ、書類の破れは当然、ホッチキスの穴、鉛筆で薄くチェックした跡までも“不備書類”となり申請者に返送だそうです。そのチェックマニュアルが25ページもあるそうでいやはや・・・。
 しかも驚くことに、この“チェック”に長けた人は時給千円から1500円に昇格するSV(スーパーバイザーの略らしい、どうしてアヤシイ会社ってムズカシイ横文字使いたがるのでしょう?要するに“班長”のことです)に取り立てているらしく、おかげておばちゃんたちは目の色を変えてアラ探しに没頭しているそうです。1次から4次まである訳とかそれにまつわる効率の悪さは、何とでもいい訳が出来そうで、部外者には解らないと思いますのであえて書きません。でもどんな人にも、これが本当に避難している人たちの為になることをやっているのでしょうか?という答えは解ることと思います。

 それでは、復興資金という税金がどのくらいつぎ込まれているか、と言うことを検証してみましょう。一部はあくまでも“約”ですので多少の上下があります。計算は昨年秋以降、2000人程になった時期の派遣社員に払う経費を中心とした総額です。
 私は時給1100円でしたが秋以降入社の人は1000円です。ただし、前記したSVは+数百円なので平均1100円とします。問題は、途中の2社がどのくらい手数料を取っているか、です。質問状にも書きましたが、当然無回答でした。へたすりゃ半分、と言う説もありますが、最低でも4割は取っている筈です。すると、

1100×8(時間)×1.4×2000(人)=2464万円。これに交通費補助千円が貰えますので1日分のバイト代総額は2664万円ほどとなります。これに派遣会社社員の給料、300坪のオフィス×10フロア分の賃貸料で一体どのくらいになるのでしょう?読者の、不動産関係に詳しい方、このビルの相場はいくら位なのか教えて頂くとありがたいです。
 1ヶ月、22日として総額最低ラインで何と5億8千608万円+社員給与+オフィス代。これが全てムダとは言いませんが、あーだこーだ会議、ソフト不備、ルーター不備、資料不足で実質ちゃんとやれた仕事を同僚に聞いたところ、どんなに多くても半分、多くの人の意見は3分の1くらいだろうとの感想でした。そのちゃんとやれた作業の中にも、とっくに支払い済みの作業、意味の無い作業が多々含まれていて、実際有効有意義な仕事はどのくらいだったのでしょう?今更振り返ってこれを書きつつ、恐ろしくなりました。普通の会社なら倒産ですよね。資金力のある大企業なら倒産はなくても株主訴訟は確実です。
 そんなことはないっ(怒)!!という社員の方、ぜひ署名で、とは言いませんが、具体的な数字、資料を基に反論、御待ちしています。私としては、しょっちゅう不都合で作業の中断を余儀なくされた(半日~数日)エクセルソフトを作って納入していた外資系企業にどんなペナルティを科したのか知りたいです。1フロアだけでも1日分数百万円の経費がかかってますよね。それが全てムダになる訳です。まさかなーなーで済ました、ということはありませんよね!。


 
関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

No title
私は先程のあきれましたですが、東電の社員じゃありませんよ。
原発地域に住んでる人への意見は私個人のものです。
いえ、書いた文面総てが私個人の意見です。私個人の人生観です。
私が何者かは言えませんが決して東電の人間ではないことだけは言っておきます。
だいたい、あのビルには賠償以外の違う他の仕事で来ている人間だっているんですよ。
それを考えもせず、個人情報系丸出しにするなんて、アホですか?
派遣会社とやらの研修でも何度も洗脳されそうなほどの誓約させられたんでしょ?
私の携わった仕事ではそんなの、微塵もなかったしたったの一分間も10秒もそんな話はなかったですよ。
あなたが派遣されていたのは、東電じゃないですから。雇用契約書見返してみなさいよ。
全く別の会社ということをお忘れなく。
だから、人件費もビルの家賃も東電が出してるんじゃないことくらいわかりませんか?
仕事のやり方も東電が決めてるんじゃないのですよ。委託したんですからその部分だけはね。
具体的に仕事の効率の悪さを指摘するなら東電じゃなくてその委託会社に言いなさいよ。

私のことはビルのトイレ掃除のおばさんくらいに思っててくださいな。それも違うけどね。
一日中、むやみに自分の席から動けなかった、タダ座っていたあなたとは違う仕事でしたね。
とにかくあなたよりは情報が万遍なく入ってきたから総合的にあなたよりは判断出来ましたよw
週刊誌にでも、あなたよりはよっぽど何倍も有益な情報いくらでも言えますわw

No title
無駄な仕事が多いと主張しているが、本来の業務はある程度の期間内で途中議論を挟みながらも完了している。

そして、次の本来の業務までの空き時間に、より迅速に作業できるようにデータ化などを行っている。
主業務が終われば、スタッフを切り、必要なときにまた即戦力の人員を確保する事などできない。単純作業ではないのだから。

開封作業は誰でもできるので、必要に応じた人数が必要な期間だけその度に雇われている。

そんなこともわからずに、一体何を主張しているのでしょうか?
シミ1つで返送などと言っているが、そんな事も起きているはずもないでしょう。

エクセルソフトの不具合で作業が止まったからといって、利益を求める業務ではないのだから、無駄なコストは発生しない。最終的には、リカバリーできるのだから。
また、納入しているのは外資系企業ではないですから。
あなたからすれば、JALやANAは外資系企業に見えてるのでしょうか。

ジャーナリストならば、少しは確認を取ってから情報発信をしてください。
No title
交通費が一日1000円出た派遣会社ってただひとつだけだよ。
そこが同じ仕事してても一番時給高いから一番早く他部署は切られたんだし。
その他の6社以上の派遣会社は交通費は全く1円も出ないし同じ仕事担当なら時給も低い。
それに派遣のマージン率が4割ってあんたそれでもジャーナリストのハシクレ?
あんたがいたのは、東電の直の派遣じゃないからね。そんな単純な構図じゃないよ。
委託さんは東電から見れば、派遣ではない。
パソコン開けなくても眺めてたんなら猿でもそのくらいわかるでしょ。
5ヵ月もいて、何見てたの?
情報収集力なさすぎ、書けば書くほど、ボロが見えてるし恥ずかしくならない?

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。