スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

オリンピックと共同通信

 本日は1日中明るい曇り空でした。朝夕はめっきり涼しくなって、毛布にくるまって寝ています。

 共同通信の配信でサンスポニュースに、
 
         “日韓全面協力、18年冬季と20年夏季五輪成功へ”

 と言う記事が出ていて、この間予言していた事がもう、上から目線を飛び越していきなり実現かよ!なんでこんなのに政府は合意した!と怒って他の記事を調べていたら、その件をJOCに電話して聞いてみた、と言う人のブログ?に辿り着きました。それによるとJOC側は、

      「その記事は共同通信の『飛ばし記事!』で、あり得ない、抗議する」

とのこと。少しホッとして、共同通信に怒りが込み上げてきました。
 地方紙は“新聞”と名前は付いていますが、独自取材をするのは県内の事だけで、どこに道が出来たとか、どこの牛が生まれたとか、そんなんがほとんどです。
 地方紙のほとんどが東京に“東京支局”を持ってますが、不思議な事にその支局の住所は銀座が多いんですよね。田舎モンの虚栄心を“銀座”が満たしてくれるんでしょう。
 しかしそこでやっているのは広告代理店のような事ばかりで取材なんてやってません。

 国政の記事や海外の記事は全て共同通信に頼っていて、大手の地方紙本社内には必ず共同通信のデスクが入っています。ですから県内記事以外は北海道から沖縄まで、ほぼ同じ記事なのです。
 地方紙デスクがやるのは、単に共同のどの記事を載せるか、を決めるだけです。

 共同通信の支局は北京にも平壌にもあり、意に沿わない記事を配信すると追い出されますので下手な事は書けません。今回の話は韓国ですが、“反日”という共通点で会社もそういう方向になっているのでしょう。

 今日あたり、竹田会長が何か言ったらこの事件が問題になりそうです。もしテレビが伝えなかったら、テレビ局も同じ考えだと言う事です。たぶんフジはニュースに出ないと思います。

 結論は、共同通信の記事=地方紙の県内記事以外は信用するな、と言う事です。今日は東電とも補償業務とも全く関係無い話でしたが、話題の話で、これは書かねば、と思った次第です。 

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。