スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

賠償事務改造私案

 晴天が続いている東京です。

 前回の続きです。Jビレッジから不動産現地調査に毎日100人、と前回書きましたが、東電のヒマしている社員がどのくらい居るのかわからないのでキリのいい数字を書いただけです。
 ただし、私の居た頃でさえ、何しているかわからない社員が連日10人以上はいました。全フロアだと何人になるでしょうか?
 以前書いたと思いますが、時として会議室に2~30人の社員が数時間籠もり、笑い声が絶えない“会議”をやっていたのを目撃している(これも以前書きましたが、私が隔離された端っこは、会議室のすぐ隣で、はっきり聞こえました。隔離されなかったらこの事実には気づかなかったでしょう。隔離してくれてありがとう、出井サン!)のです。
 少なくとも、“被災者の方々の為に真摯に・・・”という言葉は何処にも見当たらない光景でした。というか、怒りを覚えました。これも告発をしようと思った理由の一つです。

 話は少々逸れましたが、そういうもろもろのことを考えると、東京に居ても居なくても大差ない社員は2~300人は軽く居るでしょう。

 それから電話対応は全て社員とします。言った言葉に責任を取る為です。時給千いくらかの派遣には責任は取れません。何の為に高い給料をもらっているのか、と言いたい。それが苦痛で辞めるようなヤワな社員は辞めればいい。どうせ使い物になりません。
 辞めて人が減ったら電話対応を真面目にやっていた派遣を社員にすればいいでしょう。たとえ辞めた社員より学歴は劣っていても仕事が出来る事は間違いありません。
 社員は有明とJビレッジを1か月ごとにローテーション。現場がわかっていれば賠償審査もズムーズになる筈です。
 それから請求書は、余程遠くない限り、具体的に言うと東電の電気が通っている地区は直接社員がもらいに行くか、最低でも地区ごとに期日を決め、書き方説明会を行います。この業務をローテーションに加えてもいいですね。
 住居分賠償請求の1次申請はもう大半は済んでいるようですが、その他不動産はまだ手つかずですから、この方法が使えますね。

 これでいくと、震災3年目には全て賠償は終わります。悪いヤツらは原子炉廃炉までこの業務を引き延ばすつもりのようなので、国は考えて欲しいものです。

 さてこれでいくらの金が廃炉資金と賠償金に回せるでしょうか?派遣の総数も、どのくらいピンハネしているかも、調べても聞いても出て来ない数字ばかりなので全て少なめの推定です。

 時給1000~1600円(SV手当は除く)なので間を取って1300円、ピンハネが35%とするとちょうど2000円です。
 少し前、有明は5000人を超している、という情報がありましたので、他の場所を追加して必要な500人を引いて総派遣人員を5000人。1カ月22日とすると、1か月のバイト代は、

  2000(円)×8(時間)×22(日)で17億6千万円。1年で211億1千万円。その他オフィス代もかかります。廃炉まで引き延ばされたら一体総額はいくらになるでしょう?このカネは税金、もしくは電気代なんですよ!

 当時の東電幹部(とある情報によると、かなりの元幹部連中は、天下り等で家族共々現在海外に移住しているとか)の退職金返金は法律を変えないとムリな部分もありますが、これから使う金は、私を責任者にすれば浮かせるカネです。本気でやりますよ。
 東電社長、広瀬さん、カネがないない言ってるんなら、この私の案を採用してみませんか?仕事の出来ない厄介者社員の在庫一掃にも役立ちますよ。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

No title
短期間ならまだしも
ここで長くいたことを職歴に書けないだろうになあ。
「能力がなくて他にいくところがありませんでした」
「ただ座っているだけの仕事なのでどうにか私でも出来ました」
って言ってるようなもんだ。

てか役たたずの連中だって良心が痛むわなw。
仕事を失いたくない層がかなりいるので、それらからの反発があると思いますよ。
暴徒と化して。会社は悪くないとか、僻んだり足を引っ張ったり。

違法なものは暴くだけではなく、戦わなくては倒せない。それに依存する人たちも同じように責任がある。
個別に何か不利益を受けた人でないと違法性を叩くには難しいですが。
皆さん、こんばんは。

有明の賠償業務は、先週も待機また待機で、変わらぬ状況でした。

やってられなくなったのか、辞める人もポロポロ出ています。
年金からの移籍組?が、特に多いような気がします。
契約更新を待たず辞めては、自己都合となり、
三ヶ月は失業保険も出ません。
にも拘わらず、多くの方が自分から辞めていく。
まあ年金は、どちらかというと、処理目標がタイトで、それなりにやってきたと自負されてる方が多かったので、
1日三分の二以上、待機で終わる今の現場にカルチャーショックを受けたというのが本音でしょうか…

欠勤も目立つらしく、
週末、週明の当日欠勤は避けてとのアナウンスもありましたが、
非正規雇用の人々は、「このままでいいのか」という自問自答が多少の差はあれど、誰でもあるはずで
就活やその他自分の未来への行動をしたいという時もあるでしょう。
今の仕事が、待機ばかりwの仕事なら尚更

休みなくちゃんと仕事してもらいたいなら、
時給をあげるでもいい、待機を減らしやり甲斐の気持ちを抱かせるなど
もっと考えるべき事があると思います。
No title
東京電力の社員は総出で
避難している方々や福島の方のもとにお伺いして、
個別に賠償金の交渉をするべきだと思いますよ。
そういうことに費用がかかることを問題視する
一般人はあまりいないと思います。

いい加減な審査業務に
能力の低い人材を集めて使って
無駄に人件費をかけようとするよりも
東京での書類審査業務の規模を少数精鋭にして、
現地での補償受付に人手を割くべきです。

今の東京電力の福島関連業務は
コンサルタントと派遣会社の利権になっているだけです。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。