スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

前回の“朝生”はブラック企業でした

 水曜の東京は、初夏を思わせる天気でした。外は半袖、家の部屋は扇風機が回っていました。

 先週、“朝まで生テレビ”見ましたか?ブラック企業をメインと派遣の話でした。笑ってしまったのは、テレビですからスポンサー(この番組では無く、テレビ局全体の)と自民党(もちろん当ブログ常連のブラックワタミ)に配慮して、「具体的な社名発言禁止!」としきりに何度も局アナとか司会の田原が言っていたことです。

 何でも歯に衣着せぬ発言をしている、と思っている田原のおっさんも所詮はテレビ屋です。スポンサーが怒るようなことは出来ません。(私も公の場面では言えないこともありますよ、いろいろヤバイですからね)しかも“生”放送ですから。

 そして討論。いつもテレビに出ている会社経営者とか、弁護士とか、口から出任せをしたり顔でしゃべっているひょーろん家という人、政治家が出ていましたが、ほとんどがこういう底辺の仕事をしたことが無いのでしょう、いくら経験者が例を話しても、「せっかく金かけて雇ったのを辞めさせる訳が無い」「そんなにヒドイ会社なら辞めればいいだけ。仕事ならいくらでもあるだろう」「なんで辞められないの」
 と言うような、根本的に解っていない発言ばかり。一番酷かったのは堀紘一というおっさん。エリートコースを歩いてきて、コンサルティング会社をやっているだけあって、全て数字でしか判断出来ないのでしょう。

 なんか最後までかみ合わない、例えて言うなら海を見たこと無い人達が、海で泳いだ少数の人を囲んで、海での泳ぎ方、海に潜る方法を議論しているようなものでした。

 結局最後までブラックの定義は誰も言い出さず。要するに、宗教のように使い捨ての社員を洗脳してタダ働きさせて、経営者だけ豪邸に住み、儲けを独り占めにすろ会社でしょ?
 これを何時間もかけて議論して答えが出ない、国会でも民間もこの調子ですから良い方向には向かいませんね。何処でも声の大きい、悪い奴の発言が通るのです。
 そのうち、“ブラック企業”という言葉自体を、企業差別だ、とか言い出して放送禁止用語にしてしまうかも知れません。
 
 この“朝生”見たい人は検索してみて下さい。いろんな所にアップされています。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

まあ、報道も言葉足らずで、真水で処理してるような表現は、如何なものかと思いますが。
官庁等では、大量の個人情報書類を破棄する際は溶解が常識です。
シュレッダーは数枚単位の時にしか使ってない。
業界の常識は、よいかどうかは別にしても、批判の際でも知っていて話すことが必要ですよね。
中を熟知していないと的が外れますから。
No title
東電によると、男性は8日午前10時半頃、飯舘村住民の住所や氏名、登記内容などが記載された書類を、東京都江東区の緑地帯に置かれたゴミ箱に破って捨てた。約2時間後、東電の社員がゴミ箱付近に書類が落ちているのを発見した。49人分の書類の一部はいまだ見つかっていない。

 男性は、東電の委託を受けた補償コンサルタント業者。同区にある東電の福島原子力補償相談室で、被災者からの損害賠償請求に備えて登記簿情報をデータ化する作業をしていた。


これって??

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。