スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

ニュース速報

 さて、注目の夕方ニュースの速報です。
 その前に、前記事中、もう訂正済ですが、溶解を妖怪、と変換していました。

 何と6時台の民放ニュースは、しょっちゅうチャンネルを変えながら見ていたので見落としもあるかも知れませんが、無し。7時のNHKニュースも報道はありませんでした。夜中にちょっとだけ報道したTBSもNHKも一言も無し、でした。
 ヤクザのネコ、反町・松嶋のワンコのニュースはありましたが、それよりも社会的影響は少ない、と各社判断したようです。揃いも揃ってどういう頭しているのでしょうか?

 新聞は、Web上でしか見ていませんが、ちょっとだけありました。どこも自社取材はしていないようで、東電の発表をそのまま書いただけのようです。
 朝日新聞では犯人を、

    書類を捨てたのは東電が事務作業を委託していた団体のスタッフ。

とだけ書いてあります。読売新聞に至っては、

   東電の委託を受けた補償コンサルタント業者。同区にある東電の福島原子力補償相談室で、被災者からの損害賠償請求に備えて登記簿情報をデータ化する作業をしていた。

 とまるで個人経営のコンサルタント会社のような書き方です。いかに新聞社がこの問題に興味が無く、取材もせず、東電の発表をそのまま載せたのがわかります。しかし、“問題児”東電の“大本営発表”をそのまま載せるというのはいかがなものでしょうか?

 もしくは、テレビで報道が無いのを考えると、何らかの圧力が加わった、と考える方が妥当なのかも知れません。今日はテレビクルー各社が有明に集結、と思っていましたが、見事に大ハズレだったようです。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

ナイス
いゃ~妖怪はホント、ナイスな変換で、確信犯かと思いましたよ。この仕事の全体像の捉えにくさを一言で言い当てた言葉です。訂正されなくてもよかったのに。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。