スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

読者の声と有明の人数

 暑くも無く風がさわやかな晴天の一日でした。

 「連日、コメント書いてる人、何が言いたいのでしょうか?不愉快極まりないんですけど。」

 と言うようなメールが何通か来ました。ここに来てくれているほとんどの読者の皆様は判っている、と言うことが判明したので、「こういう馬鹿の相手はしなくていいと思います」というお便り通りにしたいと思います。

 ちなみに、上記の的外れコメントの人は、「言っている内容や単語で委託会社のOPやSL程度の方だとお見受けします。」という、私に協力していただいている、かなり上層部の方からメールを貰いました。

 キャリアが900人、と言うのは、ご指摘通り、夜勤を含んでいるのかは不明です。文面から察すると昼間の人数と思われますが、判る方、是非メールを下さい。
 それ以外の会社ごとの人員も判る方、お願いします。総数も3500人ほど、と書きましたが、4000人、と言う人も居ます。まあ、1フロアで数日の内に数十人が居なくなることもしばしばありましたし、数百人まとめて採用、と言うこともたびたびだったので、普通じゃ考えられませんが、有明のビル全体では日々の“誤差の範囲”と言えるのかもしれません。

 これらのことに関しては、総数が問題であって、配置がどうのこうのというのは問題では無い、と書きました。これは、働いている総数=経費=税金、と言うことで、フロア数もイコール経費として計算できるので、国費の無駄使い追求に必要な数字なのです。
 何階はどこどこ会社、キャリアが何人、アデコが何人、と言うのは、単に私の興味をそそる、と言うだけで、有明に関わっていない、ほとんどの人には(税務署には興味のあることかも)何の興味も無く、何の関係も無いことです。

 あっ、またコメントに答えてしまった!!でも皆さん、わかってましたよね?

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。