スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

ネット記事から

 今日の東京は暖かい日でした。そして非表示メールがいっぱい届きました。

 ずっと前に辞めた人、最近辞めた人、もう耐えられない、辞めてやる、と言う人。みんな被災者の為、という理想と、このブログに書かれていることを目の当たりにした現実のギャップに悩みに悩んだ様子が窺える文章でした。
 中には、人物特定されたら困るから、と言う人も何人か居らっしゃいましたが、バカばっかだから大丈夫ですよ。何せまだ私に求人メール来るくらいですから。
 まあそんなこと言っても内容は書きませんから、御安心下さい。決心ついたら掲示板に書き込んで下さいね。同じ気持ちの人いっぱい居ますから。
 それに、派遣会社のヤツらがこの文を読んだところで何にも感じませんよ。どうせ“奴隷”としか思ってないですし、また募集すればいくらでも入って来る、ってなもんです。それどころか自分ところの社員でさえ使い捨てとしか思ってないようですから。

 さて、昨日の文の裏付けになるような記事を見つけました。クリックしてみて下さい。

未登記や名義が違う場合は対象外

 やはり難癖を付けて払わない、もしくは値切り倒す、最低でも支払いを引き延ばせるだけ延ばす、方針のようですね。

 次は、ボーナスは貰うし、別荘は売りたくないけどカネが無いからよろしく、という記事、

東電がギブアップ宣言

 幹部首脳陣は月給15万円、ボーナス無し、退職金無し、遡って退職した首脳陣は退職金全額返納、別荘、寮、その他不動産全部売り飛ばし、部長クラス以上は減給、そしてこのふざけた派遣を改革、した上でカネが無い、なら国民の理解も得られるでしょうが、それどころかこのシステムを作ったOBは莫大な退職金でのうのうと暮らし、事故後どさくさに紛れて辞めた幹部らはちゃっかり退職金を貰っているのです。

 最近、もしかしたら弁護士出身という現会長の下河邉和彦という男(上記記事のリンク先を見て下さい)はこの賠償業務の事なんて何にも知らないんじゃ無いか、と思い始めました。下から上がってくる書類を見るだけで、自分の意見は無い。いや、厳密に言うと自分の地位と利益に通じる意見しかない。
 賠償業務につぎ込む、総額数百億円にもなろうとする税金が闇に消えつつある、と私がいくら騒ごうが、あと250兆円くらいかかりそうだから払ってね、と言ってる男にしたら“屁”みたいな金額ですから部下に丸投げなんでしょう。
 だいたい以前はカネを出す側に居て、今は貰う方、という自体フザケてますよね。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。