スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

自社派遣を使わないワケ

 月曜日の東京は、一日中、とても明るい薄曇りでした。その中を、反日歩き回っていました。

 昨日書き忘れたことを書いておきます。コメントも中に、
『東電の子会社に派遣会社があることがなんで驚きなんだろう。大企業系列の派遣会社なんてたくさんあるし。』

 とありました。当初パイロット版週刊誌記事に、『福島瓦礫処理の求人では、同じ仕事をするのに業者によって一万数千円から六万数千円という差がありました。その差は間に何社入っているかで違っている』というようなことを書きましたが、紙面の都合で削除しました。
 そして何ヶ月か前、作業員が給料が安くて集まらない、もう少し予算が欲しい、と東電が言っている、というニュースがあったのです。

 東電に(別会社、系列?)派遣会社があると知って驚いたのは確かです。そんな会社があるのなら、どうして自分の所で集めず、金だけくれ、と言ったのか?こんな時に自社派遣会社を使わず、いつ使うのか?人を集める能力が無いならどうして会社を存続させるのか?と驚いて怒った次第です。

 補償業務なら数千人規模ですから多すぎて手が回らない、という言い訳も出来るでしょうが、瓦礫作業員はケタがひとつ少ないのです。事務系派遣会社だから労働系作業員集めは専門外、と言ういい訳は言い訳にならないでしょう。
 本当は、自分の所ではやらず、アヤシイ(キャリアリンク等の派遣会社より更にアヤシイ)会社に丸投げしなけれればいけなかった何らかの事情があったのだろう、と推測しています。
 こちらを追っている人もいますが、こちらの闇は私がやっていることより更に真っ暗で危険です。

 有明を初めとする派遣業務も、集める業務だけ民間にやらせて東電の直接雇用にすれば、バイト代も五割増しくらいにはなりそうです。それをしない、出来ない深い理由があるのです。これが話題になったら、『当社の派遣業務ではここまでやるスキルはありません』とか言って逃げるんでしょう。

 本来なら民間企業がどんな子会社作ろうが勝手ですが、その予算は我々の血税と値上げされた電気代である、ということを忘れてはいけません。特に東電役員!と言いたいのですが、でもヤツらは解っているから余計使いたい放題なのでしょうね。

 これ出したら工作員が、『デマ、妄想、陰謀説、単に専門会社に委託しただけ』って書くんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

No title
なぜ自社派遣(って言葉も変ですけど)しないのかということなら
東電系派遣会社にそういう業務ができる会社がないからでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。