スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

有明の近景と昨日の続き

 外は雨がしとしと降り続いています。空はグレー一色です。

 有明諜報員さんからの定期報告によると、最近は午後も少し仕事しているそうです(笑)。一番忙しいのは例の黄色ストラップの東電直引き派遣、つまり東電様の召使い、と思われる人たちだそうで、大幅増員した模様です。
 仕事は、重箱の隅をつつくようにイチャモンを付け、送り返された書類に納得がいかない方々のクレーム対応だそうで、これまた例によって東電様は庶民とは話したくないようで、電話をモニターして、天の声のごとく指図するだけのようです。

 昨日書いた復興庁の、絵に描いたように進んでいたキャリアの道を踏み外した男に関する話が出ている、と言うメールいただきました。

            みんな楽しくHappy♡がいい♪

 このブログ、youtube動画も付いているので見て欲しいですが、これによるとあの男、「仕事をしない事が仕事だ」なんてことを言ったらしいですね。これは私が追及している本質そのもの、ついうっかり本音が出てしまったんでしょうね。

 幹部がこういう考えだとすると、これは復興庁の方針、と思ってもいいでしょう。このブログを始めるきっかけとなった、私が想像した構造で、『わざわざ遅らすはず無いだろ!妄想!』と避難メールが沢山来ていましたが、俄に現実味が帯びてきましたね。
 本当に官民グルで遅らせているのでしょう。役人、東電、それに群がる派遣会社、のそれぞれが補償が遅れることで利益が出る構造なのです。

 強固に固められたコンクリートの壁に、小さな“ヒビ”が入ったのかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。