スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

福島のこと、不動産補償のこと

 東京は素晴らしい天気です。本日解析を見たらようやく福島からのアクセスがありました。でも5人だけです。私は、これを始めるにあたって、いかなる誹謗、妨害があろうとやってやる、と覚悟を決めたのですが、その対象である地元の方々から何の反応もなければ握りしめた拳は自分に打ち下ろすしかないのです。私が追及しているのは確かに税金のムダ使いですが、今までこの国に連綿と受け継がれてきた官僚、役人、政治家の贈収賄に比べたらそう巨額とも言えません。しかし、やろうと決めたのはカネの問題ではなかったのです。
 避難民全員に意見を聞くことは不可能ですが、もし、今記事を送っている、民意で選ばれた地元の町村長さん方々から、『余計なことをしないでくれ』といわれたら私はあっさり手を引きます。私を黙らせたい方々は、地元工作をした方が早いかも知れません。

 先々月くらいだったでしょうか、テレビでも少し取り上げられた被災地の不動産補償の話に移ります。
 そのニュースで、何と全く実行されてない、ということを初めて聞き驚愕しました。もう既に2年も過ぎ、何万戸も移住させたのに全く、1円も払ってないというのです。在籍してた時、不動産の業務は一切無く、移住慰謝料と、休業補償だけだったのですが、日々生きてゆく金はどうするんだ、どうせ払わなきゃいけないんだから、細かい数字は後でやることにして、取りあえず無条件で百万でも二百万でも即払えよ!と怒っていましたが、たぶん、『制式書類の裏付けの無いカネは払えん!』と東電管理職(年収一千万円軽くオーバー)が決定したのでしょう。考えてみれば避難保証金でさえこうでしたから、不動産なんて払ってる訳がないのでした。
 今年になって一部でこの業務をスタートしました。しかし例のごとく朝令暮改、あーだこーだ会議で遅れに遅れ、やっと少しずつ動き始めたようでした、とここまで下書きしていたら現役の方からメールを頂きました。それでまたもや驚愕の事実が発覚です。
 字の間違い、サイトウさんとかワタナベさんとか難しい字がありますよね。それを住民票どおり書かないとダメですし、崩してもダメ、達筆?つまりアルファベットで言うとブロック体=OK、筆記体=ダメ、県名・郡名抜けていたら×、とここまでは以前と同じ(全く進歩無し)ですが、今回は何と、何ヶ月も掛け、会議を重ねに重ねた結果、申請書にコーヒーのシミが一滴でもあったら不備書類として申請者に送り返している、というのです。これは、時間稼ぎ、もしくは払う気が無い、申請者がメンドくさくなってほっぽらかすのを期待している、としか思えません。
 メールを頂いた方の文面から真実と判断して書きました。反論のある関係者の方がおいでならメール下さい。また、難癖を付けられ、書類を送り返された方、ぜひメールを下さい。
 本当に誠意があるなら、いたずらに時間ばかりかかる郵便に頼らず、東電職員が直接申請者に会って書いて貰え、と怒っています。目の前で書いて貰ったら字の間違いも指摘できるでしょう。何より短時間で済み東電の誠意も感じられる。経費はかかるでしょうが、派遣会社に丸投げするより高くつくとは思えません。泊まり込み出張なら避難所に泊めてもらえ!と思います。ちょっと長くなったので一端終わります。
 
関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。