スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

東電の良心、吉田元所長逝く!!

 今日の東京はさすがに暑かった!午後から2~3時間外を歩いてました。でも、体質的に暑さには強いようで、汗もあまりかかないし、水分補給も半日くらい不要です。何せサハラを3リットルの水で超えたことがあるくらいですから・・、でも暑かったですね。

 夕方帰ってニュースを見たら、吉田昌朗元所長、ガンで死去、という文字が・・。ネットでは、放射能の影響、とか言う意見もありますが、そんなに急にはガンになりません。ただし、仕事の責任感から来るストレスと、重労働と、当時の政権党からのプレッシャーが重くのしかかり、病気を悪化させたことは容易に想像できます。
 決定的だったのは、現場からの離脱が遅すぎたこと。離脱した頃には既に手遅れだったであろうことは疑う余地もありません。

 彼が自分の命と引き替えに現場に残った理由は、日本を守るという責任感からなのか、管一派の重圧のせいなのかは解りませんが、真実をを語れる人がいなくなったことで、ホッと胸をなで下ろしているヤツらも大勢居ることでしょう。
 特に、民主のヤツらは、絶対所長に罪をふっ被せてくるでしょう。特にボスのカンです。良いことはオレの指令でやった、悪いことは所長の一存だった、と生前でも緩めに言っていたので、これからはもっとエゲツ無く言い出すに違いありません。

 『真実をを語れる人がいなくなった』と書きましたが、彼の周りに居た人たちは細かいやりとりの裏まで解っている筈です。官邸からの電話も聞いている筈ですし、彼のオフレコの愚痴も聞いていることでしょう。彼の意思を継いで、全てを投げ出す覚悟で真実を語ってくれるサムライはこれから現れるでしょうか?それとも彼の下で働いていたとしても、所詮は『東電社員』なのでしょうか?

 それにしても吉田昌郎氏は私よりちょっとだけ年上なだけです。早過ぎます。良心を失った東電はこれから何処へ進んで行こうとしているのでしょうか?彼の意思を継いでくれる人は社員から現れるでしょうか?彼の、たとえ十分の一でも被災者のことを思う人が現れるでしょうか?せめて、彼の生き方に恥じないような仕事をしよう、と心に決めた社員は何人いるでしょう? 合掌。



 
関連記事
スポンサーサイト
※書き込みは、東電専用掲示板 へどうぞ。こちらにコメントしたい方は下記よりどうぞ。管理人だけに読ませたい場合は非表示できます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。